「医療脱毛」と「脱毛サロン」は、一体何が違うのでしょう

Pocket

「医療脱毛」と「脱毛サロン」は、一体何が違うのでしょうか?医師や看護師によるレーザーを使用した脱毛を医療脱毛といい、永久脱毛することができます。また、脱毛サロンでは医療脱毛で使用している照射する光が強力な脱毛機器は使用不可です。脱毛サロンは医療脱毛と比較したときどうしても効果は劣ってしまいますが 光が弱い分、痛みと肌への負担が軽減されるので肌に優しい脱毛サロンの方を選択する方も少なくありません。
脱毛サロンでの問合せというと、終了するまでの回数を挙げられる方が多いですけど、18〜24回が平均値であるといわれています。そのサロンでどのような脱毛方法を採用しているのか、全身脱毛というのが、個人の体質に合わせてカスタマイズされた施術であるということを考慮すると、どのくらいで終わるのか、一概に言うことはできないのです。6回ないし8回程度で満足するような全身脱毛の効果はないはずです。
でも、その回数だけ通っていると、やはりプロの施術のおかげで脱毛後のムダ毛の発生を極力抑えてくれるので、自己処理の手間が確実に減っているのを実感できるのが、この回数だということです。
どんな人でも顔の産毛を脱毛すれば、メイクが浮くことがなくなりますし、肌のハリが回復したような印象を受けます。ただ気をつけるべきことは、顔の産毛処理(脱毛)は脱毛サロンすべてがしているというものでもないですし、相応の腕を持つ人に施術してもらわないと、肌に支障がでるかもしれません。自分に適した脱毛サロンを選んでよく相談しましょう。顔の産毛は脱毛サロンできちんと施術してもらうと、つるんとした顔の状態を長くキープでき、自己処理との違いに驚くでしょう。
ニードル法による脱毛の場合、毛根内に細いニードルを直接差し込み、電流を流しますので、施術の直後には赤みのある跡が残る可能性があります。
しかし、施術後に脱毛箇所を充分に冷やしてあげると翌日には跡がすっかり消えている場合が多いので大丈夫です。
剛毛だったり毛が太い人は脱毛サロンぐらいでは期待するほどの脱毛効果が得られないのではと心配になるのではないでしょうか。
光脱毛方式(脱毛サロンでは一般的)の光は、毛髪に含まれるメラニンに反応するため、剛毛であればあるだけ効率的に脱毛できるのです。
一気に脱毛することはどんな毛質の人でも不可能ですが、何度か通ううちに、脱毛した肌がツルッとしてくるのがわかるでしょう。脱毛サロンでの脱毛効果に納得できない場合は、レーザー脱毛にすれば良いでしょう。ただその際は脱毛クリニックに行く必要があります。
膝上や膝とその周辺、膝下といった脚の脱毛はセット割を適用する脱毛サロンが少なくありません。脱毛する部位がもし脚だけなら、そういった価格設定の脱毛サロンがお勧めです。
脚は広さがあるので大変かと思うかもしれませんが、他部位より少ない回数で脱毛できるので、トライアルプランなどを使って脱毛すると、非常にお得な価格で脱毛できてしまいます。脱毛サロンでも複数をかけもちすると、お試しコースを利用するだけで、目に見えてわかるほどの効果が出ることもあります。
脱毛を希望する女の人の中には、全身脱毛をした方がいいのかなと悩む人も少なくありません。
また、気になる場所のムダ毛のみを処理すればよいのではないかと考える人も多いです。
しかし、部分脱毛すると他の場所のムダ毛が目立って気になってくるでしょう。そのため、初めから全身脱毛を受けた方が効率がいいのでお得になります。

コメントを残す