抜かない!剃らない!というCMで有名な、no!no!

Pocket

抜かない!剃らない!というCMで有名な、no!no!HAIR(ノーノーヘア)は、サーミコン方式といって、熱を加えてムダ毛を処理するタイプの家庭用脱毛器です。
光脱毛ができない体質の人や、カミソリ負けする人には、刺激(この場合は熱)の加わる先が肌ではなく「毛」なので、良いようです。ただ、毛に熱を与えて焼き切るので、処理後の毛のちくちく感はないですが、処理している最中は、毛の焦げるニオイがします(※お肌にニオイが残ることはありません)。テーブルの上に置きっぱなしにしてもぜんぜん違和感のないデザイン性の高さや小ささは評価が高いのですが、一方で、肝心の脱毛効果が感じられなかったという人も多いです。仕上がりがきれいでないというクチコミもたくさんあるのが気になるところではあります。サーミコン方式しか使えないという人の中では、気長に繰り返し使っていくと、ムダ毛が減ったという意見もあります。自分の求める効果がどんなものか考慮した上で選べば、それなりに効果が得られるのかもしれません。
脱毛には、いろんな方法があります。
ニードル脱毛もそのうちの一つで、施術を受けると永久脱毛に近い効果が期待できるでしょう。例えば、脱毛法の中には、脱毛効果が低くて施術を受けても、すぐに毛が生えてくる方法もたくさんあります。
しかし、ニードル脱毛は脱毛効果がたいへん高いので、再び生えることは、ほとんどないです。脱毛が完了するまで、どれくらい脱毛サロンに通うかは、脱毛部位や選択したコースによっても違うのですが、ようやく脱毛処理が終わった箇所に再度、生えてくるムダ毛があります。
何度も施術できるコースですと、また生えてきても、施術を受ける前に比べてかなり毛が細いでしょう。
ただし、人により差異があるため、少ない回数でも脱毛効果が充分に得られる場合もあります。
施術を何度行えばよいのかは、おおよその見込みになります。
カミソリなどで剃ってもいいのですが、施術を受ける部分は脱毛サロンに行く前に抜くといった行為をしてはいけないのです。
通っている期間も同じく注意が必要で、抜くことで、脱毛効果が低くなってしまうでしょう。施術する際は光をあてますが、光線が黒いメラニン組織に反応することで、施術部分の組織を破壊するメカニズムになっています。抜いてしまうと、反応するはずの黒い箇所が減るため、期待ほど脱毛効果が出ない可能性があります。ミュゼの支店数は日本国内で150を超えており、最初の店舗から別の店舗に変更することが可能です。
そして、ミュゼの側から勧誘するということはなく、解約時に手数料も不要というのがミュゼ独特なところといえます。
処置の後の手入れもきめ細かく、インターネットのサイトから申し込むことで嬉しいキャンペーンも使うことができます。施術には提示された料金以外には必要なし、ご満足いただけない場合は料金をお返しします。体毛の濃さで脱毛時間に差があったり、脱毛結果を心配してしまうのは、陥りがちな間違いです。
光脱毛がどういうものかというと、脱毛に適したレーザーで、しっかりと脱毛処理を行うことができます。
色の濃さが濃いほど毛を認識しやすいので、毛深くない人よりも、体毛が多いと効果も強く感じられ、思い通りの結果が得られるかもしれません。
脱毛エステに行って足の脱毛をしてもらうときはわかりやすい料金プランを設定しているところを選択するというのが大切です。それに、施術完了まで何回通えばいいのか、プランの回数を受けたあと、まだ通う必要があると思ってしまう場合にはどのような対応になるのかも、契約するまえには確認することが大事です。足の脱毛は大体6回ほどのコースが主流ですが、人によっては施術が完了した後のお肌の状態に満足いかないこともあります。

コメントを残す