光脱毛は安全性や施術のしやすさで、多くのサロンで採用

Pocket

光脱毛は安全性や施術のしやすさで、多くのサロンで採用されている脱毛方式です。
光が毛根のメラニンに反応する仕組みですので、施術前にしっかりと施術する部分のムダ毛を自分で剃って、処理しておかなければなりません。ムダ毛があると光が余計な場所にあたってしまうので効果は得られません。せっかく予約したのに施術が受けられなかったり、もしその場でムダ毛を剃った上で施術してもらえるとしても施術時間は減ります。安全上、最初に受けた説明をまた受けなければならなかったりすることもあります。
ちゃんと準備しておけば、こうしたことは避けられるのを、覚えておきましょう。
光脱毛の下準備として行う自己処理は、簡単で結構です。
が、ムダ毛を脱色した状態や、ワックスや美容器具などで脱毛した状態では光脱毛のライトが効く部分がなくなってしまいますので、「剃る」か「溶かす」か、どちらかの方法で毛根を残してください。
ニードル法による脱毛の場合、毛根内に細いニードルを直接差し込み、電流を流すので、施術の直後には赤みのある跡が残る可能性があります。
しかし、施術後に脱毛箇所を充分に冷やしてあげると翌日にはすっかり跡が消えている事がほとんどということなので大丈夫です。
脱毛サロンで体験コースを受けたら、本格的な施術の勧誘をされた経験がある方も多いはずです。
一切勧誘はないとしている脱毛サロンなら、そのような面倒を考えなくて済みます。
そうでない脱毛サロンで勧誘を受けてしまった場合は、弱気な態度は見せず、きっちり断るのがベストです。
悩んでいると思わせたら、もしかしたらと、熱心に勧誘されるかもしれません。
主として脱毛サロンで施術が受けられる光脱毛と脱毛クリニックが提供する医療レーザー脱毛で異なる点は、どういった機器を施術に使えるかにあります。光脱毛の場合は照射する光の強さを一定出力まで制限しますが、医療レーザー脱毛では、もっと威力を上げた光を使用しての照射が許可されています。
なぜなら携わるのが医師免許を持つドクターで「医療行為」として施術を行うことができるためで、レーザー脱毛が脱毛サロンで受けられないのはこうした理由からです。
おためしコースを用意しているクリニックもありますから、足を運ぶ動機にしてみるといいかもしれません。同じ医療脱毛でもレーザーの種類によってどのくらい痛みを感じるかが変わってきますから、実際に受けてみて、自分的にはそんなに痛くないか体験しましょう。
そして、医療脱毛であればトライアルコースを体験するだけでも、むだ毛が少なくなったと感じるかもしれません。ムダ毛の処理をするのにカミソリで剃ったり、毛抜きによって埋没毛は起こってしまいます。自己処理で傷ついた毛穴から毛が外へ出れずに出来るもので、自分で処理したら、殆どの場合、肌荒れや乾燥を引き起こしてしまいます。脱毛サロンで埋没毛の処理ができる訳ではありませんが、黒い色素部分にのみに反応するので深い毛根にも届き、毛穴も肌にも傷を付けにくく炎症も起こさずにムダ毛と埋没毛の処理ができるのです。予約時間は守りたいものですが、ミュゼはとくに厳格なようです。複数の部位の施術の予定だったのが、たかだか5分ほどの遅刻でその日は一箇所だけで我慢せざるを得なくなります。
手の早い技能者さんが多いのですぐ施術できそうですし、多少の遅刻くらい許してくれてもよさそうなものですけど、有名な脱毛サロンでお客も多いため、遅刻に例外を設けてしまうと対応しきれないのでしょう。
交通の便が悪かったり多忙な方は別のサロンのほうが向いているかもしれません。

コメントを残す