ノーノーヘア(no!no!HAIR)

Pocket

ノーノーヘア(no!no!HAIR)は、テレビCMでも「抜かない、剃らない、脱毛器」と言うように、ムダ毛に熱を伝えて処理するサーミコン方式の脱毛器です。
除毛ですが、家電比較サイト等では脱毛器と一緒にカテゴリー分けされています。
光脱毛方式と違うのは刺激を与えるのが肌ではなく毛という点で、肌にダメージを与えにくいというのがウリのようです。
毛を挟んで熱を伝えてカットするのですから、髪の毛が焦げたときのような、独特の臭いがあります。
CMをするくらいですから、誰でも気軽に手にとりやすいスタイリッシュなデザインで、大きさも脱毛器とは思えないほどスッキリ小さめ。
ただ、厳密に言うと脱毛ではないとか、ニオイがあるだけで効果が得られなかったという意見も光脱毛タイプと比べると多いですね。
ただ、発毛サイクルごとにこまめに使用していけば、ムダ毛が減ってきれいになったという評価があるのは事実です。
体質を考慮すると、メリットはあるかもしれません。脱毛サロンで勧誘を受けた時の断り方としては、毅然と対処とすることが肝心です。
心のゆれをみせたり、返事をきちんとしないでいると、たびたび勧誘をうけることとなるはずです。あちらも仕事ですので、期待できそうであれば強引にきます。
でも、昔のような執拗な勧誘は行うことが不可となっておりますから、断っているのに契約するまで帰れないようなことはないです。
脱毛エステにどれくらいの期間がいるのかというと、施術を2から3か月に1回のペースで満足するまで行うので、人によって差はあります。
施術が6回で十分だと思ったら、通う期間は1年か1年半ぐらいになるでしょう。一つの部位で12回程度施術をすれば十分だといわれることが多いので、2年から3年くらいと見積もるのが妥当です。
毛周期に合わせて施術を行う必要があるので、悲しいですが月一のペースで受けてもあまり結果に結びつかないのです。30代での脱毛でしたら脱毛サロンを推奨します。
30代はお肌の曲がり角であるというのがその所以です。
カミソリや毛抜きを使ったムダ毛の自己処理でも、20代の頃なら肌トラブルに悩むことは大して多くありません。
ですが、30代になり肌が弱くなってきても同様に脱毛を行い続けた場合、より高い確率で肌トラブルが発生します。脱毛サロンに任せた脱毛であれば、家庭での処理が原因で肌にトラブルが起こる恐れが大いに減少します。
地域の皆様に愛され続けて35年と言う実力派、それが脱毛エステJエステ一番です。脱にフェイシャルエステ、ボディエステと、全ての美に関するケアを目指しています。脱毛方法ひとつとってもジェルは使わないので、べたつく感触もありませんし、冷光マシンの使用で痛みや熱さのストレスも無く、肌に優しい脱毛といえます。
近隣に店舗があれば、ぜひご検討ください。
脱毛器はその安全性が確認されたうえで販売されています。しかし、使用方法を誤ったり、避けるべき部位や肌の状態のところへ使用すると、やけどや炎症などの肌トラブルを招きます。取扱説明書や別添の書類があればそれらもよく読んで、それらの使用法や注意点を守ってお使いください。
とくに光脱毛タイプの脱毛器の場合は、定められた時間や手順等を厳守したほうが良いです。
使ったあとの器具のかたづけも説明書の通りに行なっておきましょう。清潔な器具は安全の第一歩です。
利用者が支払いを一括か月額制か選べるのが脱毛ラボの良いところです。
同じ脱毛サロンの中でもコストがかからないからと通う人が増えています。
ただ月額払いで利用した場合、脱毛が終わってきれいになるまでに時間が長くかかることが見込まれるため、時間が限られている人なら、早く済む一括払いのほうが良いかもしれません。リーズナブルな価格設定でインテリアもシンプルですし、キラキラしたエステサロンの印象からするとちょっと残念な感じがするかもしれません。

コメントを残す