毛が生え変わるタイミングに合わせて施術をする必

Pocket

毛が生え変わるタイミングに合わせて施術をする必要があるので、脱毛サロンは一定の間隔を空け、定期的に利用しなくてはいけません。
この毛周期というのは成長期、退行期、休止期です。
特に成長期に施術を行いますと、脱毛効果を高めることが出来るのです。
もちろん、個人差はあるのですが、毛のサイクルは約二ヶ月で一サイクルが平均となっています。ですから、脱毛サロンへ足を運ぶ頻度もこの二ヶ月という間隔が一応の目安となります。
カミソリなどで剃ってもいいのですが、施術を受ける部分は脱毛サロンに行く前に毛抜き等を使用して除去してはいけません。
それに、定期的に通っている期間も同じく、自ら抜くと脱毛効果が失われてしまいます。脱毛サロンの施術では光線を照射しますが、この光線は毛の黒いメラニン色素に反応して、ムダ毛の毛根を破壊するというものです。
毛抜きで抜くと、反応を受ける部分が小さくなるので、脱毛効果が弱まってしまうのです。
ニードル脱毛は一番確実なムダ毛の永久脱毛法となります。一本ごとにムダ毛の毛根に針を差し込んで電流で毛根を焼き切るので、痛みが激しいために敬遠する方もたくさんいるようです。
脱毛を行いたい部分にもよりますが、一本ずつの処理をすることになるので、レーザー脱毛等と比べてしまうと長い時間かかり、通う回数が多くなってしまいます。
脱毛前に注意する点は、肌をきれいに保ち、炎症、肌荒れなどがないことが、最低限必要な条件です。
そして、敏感肌は生理中の特徴ですので、出来る限り脱毛はさけた方がいいです。生理中に脱毛サロンなどに行った時でも特に断られることもなく施術してもらえるケースがほとんどですが、肌トラブルを予防したいならできればしないほうがいいでしょう。
カミソリなら簡単にムダ毛を処理できますが、肌にとって剃毛の刺激が強すぎます。きちんとジェルなどで保護してから剃る、カミソリは剃りやすいきれいなものを使うなど、工夫が必要です。
剃り終わったらボディソープなどの使用は避けて、そのままお湯には浸からないようにして、よーく保湿することが肌のコンディションを維持する鍵です。丁寧にムダ毛の処理をしても、また生えてしまいますが、しょっちゅう剃るようだと色素沈着を誘発します。
レーザーを用いる脱毛は、脱毛を希望する場所にレーザーを当てて、無駄毛の発生のもととなる細胞をつぶしてしまうメソッドです。光脱毛よりも出力が大きいので、お肌にも強い影響を与えますし、強く痛みを感じるケースもあるでしょう。
医師の監督のもとに行うことになっていますが、家庭で使えるレーザー脱毛器も売られています。
この頃キッズ脱毛をしたがる人が増えてきているため、対象が中学生以下という脱毛が脱毛サロンでも見られるようになってきました。
成人する前に脱毛を希望している場合、初回のカウンセリングで親権者の同伴が必要なケースが多く、加えて承諾書の記入も必要です。しかも、サロン次第では毎回の施術に際しても親権者の同行や送迎がなければ施術しないとしている場合もあるため、確認しなければいけないでしょう。

コメントを残す